Trovitブログ

世界最大級の不動産、求人、車のクラシファイド検索エンジンTrovit(トロビット)が運用するブログです

後悔しない!両親と同居するときの家選び5つのポイント

「両親も高齢になってきたし、そろそろ同居を考えないといけない」「子どもが生まれて両親のサポートが必要なので同居したい」など、ライフイベントの変化により両親との同居を考える方も多いのではないでしょうか。
親世帯と子世帯が一緒に暮らす二世帯住宅は、暮らしやすさ、経済面においてもメリットがいっぱい。今回は、両親と同居する時の家探しのポイントを5ステップに分けてご紹介します!

STEP1.二世帯住宅のどのタイプの家に住みたいか話し合う

f:id:Trovitblog:20170804123610j:plain

家探しをする前に、実際にどんな家に住みたいか両親とじっくりと話すことが大切です。二世帯住宅は、大きく3種類に分けられます。ここでは、その種類とメリットをご紹介します。

1.完全独立型

こちらは、玄関をはじめとして、台所、風呂、トイレ、寝室、リビング、ダイニングなどの全ての生活スペースが1階と2階で分けられていることを言います。そのため玄関を通らなくては、世帯間の行き来をすることができません。
いくら親子や家族と言っても、世代の違う人同士が一緒に住むには価値観や生活習慣の違いがでてくるもの。そうした違いをお互いに尊重しあいながら生活することができます。

2.共用型

こちらは、最低限の生活空間を省いて多くの部分を共用します。共用されるのは、玄関、トイレ、風呂場、キッチンなどです。注文住宅の場合は、ご希望や状況に合わせて共用部分を変更することができますよ。
共用型のメリットは、日常生活でコミュニケーションが取れること。特に子育てを家族の絆を高めたい方には、ぜひおすすめですよ!

3.完全同居型

こちらは、家族の寝室などのプライバシー面は分けますが、その他の家のスペース(リビング・キッチン・トイレ・浴室など)や設備は共用で使用するタイプです。サザエさん一家のように、親世帯と子世帯が一つの大家族として暮らすイメージとなります。


親世帯と子世帯の生活スタイルの違いもあるため、住む前に生活するうえでのルール決め(食事の時間・お風呂の時間・ゴミ出し等)をしっかりしておく必要があります。

STEP2.間取りを考える

f:id:Trovitblog:20170804123651j:plain

住宅タイプが決まったら、次は間取りです。高齢になると、足腰が弱くならない方のほうが少ないはず。そのため、2階建ての家を希望の場合は1階を両親とする場合が多いようです。その他、部屋の数や畳が必要かどうか、お風呂・台所から部屋までの距離などを確認すると良いですよ。

STEP3.立地を考える

f:id:Trovitblog:20170804123725j:plain

両親と自分たちにとって、住みたい場所は意外と一致しないもの。通勤・通学を優先するか、自然あふれる環境を優先するかなど気になるポイントは家族・世代によりそれぞれです。お互いにとっての終着点をぜひ見つけてみてください。

STEP4.資金を整理する

f:id:Trovitblog:20170804123750j:plain

理想の家のイメージができたら、次は資金を整理しましょう。両親のサポートがどれぐらいあるかが大きなポイントとなる場合が多いです。
予算が少ない方でも大丈夫。現在両親が住んでいる家をリフォームをしたり、「完全同居型」の二世帯住宅にすることで安く抑えられたという方もいらっしゃるようです。

STEP5.実際に家を見に行く

f:id:Trovitblog:20170804123901j:plain

ここまで決まったら、実際に家を見に行きましょう!相手は不動産のプロ。自分たちの要望にかなった家を用意してくれるはずです。
内覧後、すぐ購入はNG。内覧した日とは別の日に街の雰囲気を確認したり雨の日の様子を見ておくと、実際の生活がイメージできるのでおすすめですよ!

家族の絆が深まる暮らしを!

いかがでしたでしょうか。実際、二世帯住宅に住むようになり、家族の絆が深まるだけでなく、光熱費や水道代などの消費エネルギーも抑えることができたという声もあります。

2家族の希望から住まいを選ばなかえればならないため、時間に余裕を持って進めていくことが大切。ぜひ今回ご紹介したステップを基に検討してみてくださいね!

 

fudosan.trovit.jp