Trovitブログ

世界最大級の不動産、求人、車のクラシファイド検索エンジンTrovit(トロビット)が運用するブログです

ベビーカーも積みやすい!育児中のママ・パパにオススメの車 4選

f:id:Trovitblog:20170730094959j:plain

小さい子供がいると、なぜかいつもおでかけの時に荷物が増えてしまうというパパママは多いのではないでしょうか?電車、バス、徒歩で移動はできるものの、やっぱり車があればもっと便利。そこで今回は、お子様のおでかけアイテムで最も大きいベビーカーの積み込みが楽にできるオススメの車をご紹介します!

1.後部座席を倒せば最長1300mm!ダイハツ「タント」

広告でも「ファミリーカー」として全面的に押し出しているタント。その通り子育て世代の愛用者からの指示が非常に高い車です。
車高が高く広々とした車内はベビーカーの積みこみにはもちろんのこと、子供の乗り降り、チャイルドシートへの着脱、車内でのオムツ替えもしやすいという子育て世代には参考にしたい口コミがたくさん見られます。
後部座席を倒せば最長1300mmのさらに広々空間が実現。大きい荷物も楽々運ぶことができますよ!

乗車人数:5人
新車価格:150万円台から
中古価格:2万円台から230万円台


また、ほぼ変わらないスペックを持つ車はこちらの車です!

ホンダ「N-BOX」
ダイハツ「ウェイク」
トヨタ「ポルテ」

デザインや使いやすさ、それぞれに違いがあるので購入検討時に類似のの車と比較してみると良さそうですよ。

<Trovit>ダイハツ「タント」 車情報

2.ルックスもイケメン!?コンパクトミニバン トヨタ「シエンタ」

ミニバントップクラスの低床を実現している「シエンタ」。後部の座席を倒せは広々とした荷物置きスペースが出現します。何かと荷物が多くなりやすい子育て世代にも間違いなく使い勝手の良い車です!

乗車人数:7人
新車価格:168万円台から
中古価格:2万円台から380万円台 

<Trovit>トヨタ「シエンタ」 車情報

3.細かな工夫がたくさん!ヨーロッパが認めた、ルノー「Kangoo(カングー)」

ヨーロッパでは他社が似たようなモデルを発表するほど人気のカングー。広い室内と機能性に満ちたカングーは日本でも人気の車種です。

フランスが産む素敵なデザインもさることながら、荷物がたっぷり入る広々空間にはたくさんの工夫が。上下無駄にしない収納スペースに、後部座席を見守るためのチャイルドミラーなど子育て世代の方ならきっと気にいる設計になっています。

カングーの後ろのドアはダブルバックドア(観音開き)。左右扉が2段階に開くので、狭いところでも開閉がしやすいようになっています。後ろに下がりすぎてトランクが開けないという心配も少なくすみそうですね!

乗車人数:5人
新車価格:235万円台から
中古価格:16万円台から368万円台

<Trovit>ルノー「Kangoo(カングー)」車情報

4.MINIだけどミニじゃない!?「CLUBMAN(クラブマン)」

素敵なデザインだけど、ミニでファミリーは…と感じていた方にもぜひ見ていただきたい車は「クラブマン」です。2015年のリニューアル時に3ドアから5ドアに進化。これまで以上に機能性を高めたデザインになりました。

クラブマンの特徴のひとつが「スプリット・ドア」と呼ばれる観音開きのドアです。ベビーカーのように大きな荷物も入れやすい実用的な車なんです!

また、男女ともにおしゃれなデザインと好評のMINIはパパママともにお気に入りの車になること間違いありません。機能性だけではなくデザインにもこだわりたいという方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

乗車人数:5人
新車価格:296万円台から
中古価格:39万円台から500万円台

<Trovit>MINI 「CLUBMAN(クラブマン)」車情報

最後に

f:id:Trovitblog:20170730095056j:plain

子育て世代は何かと荷物が増えます。また、子供が幼い時は目が離せない時が多く、楽に乗り降りができ、さらに荷物が積荷しやすい車が必然的に必要になってくるものです。

そのため、車内の広さだけでなく、車体の低さや、ドアの開き方も車を選ぶときの重要なポイント。今後車の購入を検討されている方は、ぜひ今回ご紹介した車をチェックしてみてはいかがでしょうか。

kuruma.trovit.jp