Trovitブログ

世界最大級の不動産、求人、車のクラシファイド検索エンジンTrovit(トロビット)が運用するブログです

一度は乗ってみたい!世界的で人気の外車5選~ドイツ編~

車を購入するならやっぱり外車憧れますよね?そこで今回は、日本で大人気のドイツ車の魅力をご紹介!世界的に人気のドイツメーカー5選とあわせてご覧ください。

日本人が好むドイツ車の魅力とは

f:id:Trovitblog:20170531112728j:plain

日本車も世界に誇る自動車メーカーが数多く存在しますが、ドイツにも同じく世界で人気メーカーが多数あります。そこで、はじめにドイツ車の魅力を3つご紹介します!

□魅力1.スピードを出しても安定

ドイツでは速度無制限の高速道路(アウトバーン)が存在。時速200キロで走るのも当たり前な土地のため必然的に安全性や安定性、耐久性が求められます。

スピードを出しすぎると、ハンドルが取られたり、急な横風に振られたり、カーブが曲がりきれなかったりとさまざまな危険が。そういったリスクを回避するために、ドイツ車はスピードを出しても安定感があると言われています。

□魅力2.ボディが強い

スピードを出す分、事故のリスクも高くなります。そのため、ボディは硬くそして強いデザインとなっています。特にドイツ車のドアは日本車に比べとても重く、ドアの開閉時にもドイツ車の剛性や重厚性が感じられます。

□魅力3.内装までこだわりがある

革や金属、木目など高級感ある内装に仕上げるのがドイツ車の特徴です。大幅なコストダウンよりもデザイン性を重視します。欧州の方は、10年以上同じ車に乗り続けることが多く、長年使っていても魅力を感じる内装となっていますよ!


ドイツの「車製作の古い歴史」や、ドイツの風土から生まれる「デザイン性」、そして「安全性」が世界的に評価されているといえます。

誰もが知ってる有名ブランド!日本で人気のドイツメーカー5選

ここからは、日本で人気の有名ドイツ車のメーカー5つを紹介します。

【輸入車選び人気会社】1社目:BMW 

f:id:Trovitblog:20170531113225j:plain

ドイツのミュンヘンを代表する会社がBMW。BMWは本社のほかにも「BMW Welt」や「BMW Museum」といった施設も運用しています。そんなBMWの日本進出は1981年。以降、国内輸入車販売台数のトップクラスを誇る売り上げをキープするメーカーです。


最大の魅力はFR(後輪駆動)

BMWは、日本国内年間販売台数トップ3位に入る人気ブランドです。
そのBMWの最大の特徴がスポーティーな走り。日本車のみならず、世界の主流がFF(前輪駆動)なのに対し、BMWはスポーツカーなどに使用されるFR(後輪駆動)を使用しています。

FFの場合、エンジンと駆動輪の位置が前方に集約されているため、室内設計を広々取りやすいものの、車の前方が重くなりがちです。

それに対しFRはフロントエンジン・リアドライブ(後輪のタイア)のため、重さの比重が地面に対し、50:50になります。そのため、安定な走りになり、セダンでもスポーティーな走りを体感したい方におすすめですよ。

価格帯(新・中古)

新車:300万円台2000万円台
中古:5万円から2329万円

<Trovit>BMW 車情報

【輸入車選び人気会社】2社目:MINI 

f:id:Trovitblog:20170531113425j:plain

現在MINIはドイツのBMWの傘下でドイツブランドとして販売されていますが、BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)、1951年にイギリスで誕生しました。

女性にも支持されるデザイン

おしゃれなデザインが幅広い世代から支持されており、ファッションの一部としてMINIを選ぶ方も少なくないようです。もちろん、その見た目以上になかは広々としており、シートの座り心地も抜群!

また、サイズが小さめの車ではあるものの、2,000キロを超える長距離移動も問題ないとのこと。MINIクーパーやクラブマンなどの大き目の車種を選べば荷物も多く積むことができますよ!

価格帯

新車:300万円台から500万円台 
中古:12万円から648万円

<Trovit>MINI 車情報

【輸入車選び人気会社】3社目:ポルシェ 

f:id:Trovitblog:20170531113632j:plain

スポーツカー、レーシングカーを中心に製造、販売を行うブランド「ポルシェ」。かっこいい走りと見た目で、幼いころから憧れを持つ方も多いブランドです。 

新車の 販売価格は、600万円台から2億円台とかなの高級車。1963年から改良を重ね、今も愛され続ける伝統高級スポーツカー、『911』やポルシェの歴史を変えたといわれるSUV車、カイエンも人気を博しています。

しかし中古車になると比較的手の届きやすい価格になります。特にロードスタータイプの「ボクスター」の価格は下がりやすいので要チェック!愛車家が多いブランドなので質のいい中古車が揃っているので、おすすめです。

価格帯

新車:600万円台から2億円台
中古:59万円から1億4900万円

<Trovit>ポルシェ 車情報

【輸入車選び人気会社】4社目:メルセデス・ベンツ

f:id:Trovitblog:20170531113812j:plain

日本での輸入車シェアのナンバー1の「メルセデス・ベンツ」。日本では高級車としてのイメージが強いメーカーですが、一歩海外に出ると大型バスやトラック、タクシーなど人々の生活を支える車として活躍しています。 

シートのクオリティの高さが好評

ベンツに乗ったことがある方が、口をそろえて言うのがシートの良さです。長距離運転もおしりや腰の負担が少なく、運転中のストレスが少ないと好評です。

もちろん加速力も抜群のため、車も走り出しがとってもスムーズ。速度無制限の高速道路もあるドイツで生産されているため、どのクラスでも「走りを楽しむ」ことができます。高速道路の移動も楽しくなりそうです。

価格帯

新車:299万円台から1億6000万円台
中古:1万円台から3150万円台

<Trovit>メルセデス・ベンツ 車情報

【輸入車選び人気会社】5社目:フォルクス ワーゲン

日本のトヨタと世界シェアトップを争うドイツのブランド「フォルクス ワーゲン(VW)」は、欧州、欧米はもちろんのこと、中国でも人気を博しているブランドです。
「良い製品をしっかりと作る」テーマから、5年から9年とモデルチェンジのスパンは長めです。

アニメにも登場!

「POLO」「GOLF」そして「ビートル」が人気の車種。特に「ビートル」は「ルパン三世」のルパンや「名探偵コナン」の阿笠 博士(あがさ ひろし)の愛車として登場するので、幼いころから目に触れる車です!

価格帯

新車:158万円台から699万円台
中古:1万円台から1150万円台まで

<Trovit>フォルクス ワーゲン 車情報

最後に

今回ご紹介したドイツ車は、日本では100キロまでしか速度を上げられません。しかし、時速200キロの速度に対応しているからこそ、車への安心感を感じることができます。また、長く車に乗り続ける欧州人の特性に合ったデザインのため、飽きることなく愛用できますよ。気になる方はぜひドイツ車をチェックしてみて下さいね!

kuruma.trovit.jp