読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trovitブログ

世界最大級の不動産、求人、車のクラシファイド検索エンジンTrovit(トロビット)が運用するブログです

有明海の豊かな恵みと美しい干潟を楽しめる!熊本県宇土市の賃貸アパート家賃相場

熊本県宇土市は、熊本県の中央部に位置する市です。県庁所在地である熊本市南部と隣接しており、有明海と八代海に突き出た宇土半島の北半分を占めています。干潮の差が日本一となる有明海の豊かな干潟を活かし、海苔の養殖が盛んに行われています。

今回は、そんな熊本県宇土市の賃貸アパート家賃相場をご紹介します。

熊本県宇土市とは

f:id:Trovitblog:20170324135411j:plain

熊本県の中央に位置する宇土市北部には、日本最大の干潮差がある有明海が広がっています。満潮時、有明湾沿いを走る国道57号線からは、沖合まで水没する電柱が並ぶ、不思議な光景を見ることができます。これは、漁業者のための作業用道路である「長部田海床路」が満潮時、海に沈むことで作られる景色です。TVCMのロケ地として使われ、一躍有名になりました。

有明海の豊かな干潟は、さまざまな海の恵みをもたらしています。海苔の養殖が昔から盛んに行われているほか、アサリ、ハマグリ、マテ貝などの貝類も豊富です。また沖合では真ダコやコウイカなども水揚げされます。

漁業だけでなく農業も盛んな宇土市

宇土市は農業が盛んな地域でもあります。中でも市の新たな特産品にしようと力を入れているのが菊芋です。菊芋とは北米原産の植物で、根に水溶性食物繊維のイヌリン、ビタミン、ミネラルがたっぷり含まれており、健康によいと注目されている植物です。その他、熊本名産であるデコポンなどのフルーツ、米、野菜などが作られています。

宇土市で有名な観光名所

宇土市内でも人気の観光名所は、神輿来海岸です。神輿来海岸は、日本の渚百選・日本の夕日百選に選ばれた景勝地で、干潮時に風と波が作り出す砂紋を見ることができます。特に美しいと評判なのが、夕日に照らされる砂紋です。年に10数日ある干潮と日の入りが重なる日には、三日月のような優雅な曲線を描く砂紋が夕日に輝く光景を見ることができます。その絶景を目当てに、全国から多くのカメラマンが訪れるほどです。

宇土市の賃貸相場や都市開発状況

宇土市周辺のアパート家賃相場

f:id:Trovitblog:20170327112708j:plain

宇土市周辺のアパートの家賃相場は、熊本市中央区のワンルーム・1K・1DKが4.01万円、荒尾市の1LDK・2K・2DKが4.98万円となっています。また、宇土市の物件はファミリー向けの2LDKで6万円台で見つかります(2017年3月5日調べ)。

築20年以上であれば、2LDKで4万円以下の物件もあります。単身者向けのワンルームは少ないようですが、家賃相場が安いため、単身でも2LDKでゆったり暮らすことが可能です。

 

fudosan.trovit.jp

 

宇土市の都市開発状況

f:id:Trovitblog:20170324135742j:plain

宇土市の都市開発計画は、第5次宇土市総合計画後期基本計画に示されています。市の玄関口であるJR九州宇土駅の東口エリアのさらなる発展を目指し、開発を計画中です。また、市内3カ所の工業団地への企業誘致を推進しており、産業の振興と雇用の促進を目指しています。

 

宇土市の学校や病院の情報

宇土市にある学校

f:id:Trovitblog:20170314124642j:plain

宇土市内には公立の小学校が7校、市立の中学校が3校、県立の併設型中高一貫教育校が1校あります。県立宇土中学校・宇土高等学校は、県内初の中高一貫教育校として、2009年に開校しました。21世紀の社会に貢献できる、国際感覚豊かな人材の育成を目指しています。

宇土市内にある病院

f:id:Trovitblog:20170206135122j:plain

宇土市内には内科、小児科、産婦人科などさまざまな専門科のクリニックがあり、地域医療を支えています。隣接する宇城市には宇城総合病院、宇城市民病院、熊本南病院などの総合病院があり、宇土半島地域の医療ネットワークを構成しています。

おわりに

宇土市は東洋経済新報社による「住みよさランキング2015」で、九州で7番目に住みやすい街として評価されています。県庁所在地である熊本市までは車で30分ほど、電車では在来線で約15分とアクセスもよく、ベットタウンとしての役割も果たしていますよ。

宇土市への移住も推進しており、宇土市役所まちづくり推進課では移住に関する相談も受け付けています。有明海の豊かさを思う存分味わえる宇土市で、新しい生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

 

<参考情報>

www.city.uto.kumamoto.jp

toyokeizai.net