読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trovitブログ

世界最大級の不動産、求人、車のクラシファイド検索エンジンTrovit(トロビット)が運用するブログです

住みたい街ランキング全国1位の池袋でマンションに住もう!

不動産

東京首都圏内の池袋は「2017年ホームズ住みたい街ランキング 借りて住みたい部門」で堂々の1位に輝いたエリアです。

そこで今回は、「何でもそろっている」池袋エリアの魅力と、気になる家賃の平均相場をご紹介します。

何でもそろっている池袋、便利すぎる池袋

f:id:Trovitblog:20170310124432j:plain

池袋は、東京都豊島区(としまく)に位置する渋谷、新宿と並ぶ山の手3大副都心と呼ばれるエリアです。豊島区の人口は合計284,307人(平成29年1月1日時点)で増加傾向が続いています。

池袋の魅力の一つといえば「何でもそろっている」ことが挙げられます。

デパートだけでも東武百貨店、西武そごう、ルミネ、パルコ、マルイ、東急ハンズ、サンシャインシティ、エチカ、エソラなどがあり、その他にも家電量販店、生活用品店などが立ち並んでいます。

また、超大型本屋のジュンク堂書店もあり、もちろん飲食店、スーパー、コンビニもたくさんあります。

さらに池袋駅は交通の便が非常に良く、JR東日本、東武鉄道、西武鉄道、東京地下鉄、4つの路線が通っています。そのため、都内だけでなく神奈川や埼玉、横浜へのアクセスも良好です。

大都会池袋、気になる家賃のお値段は?

f:id:Trovitblog:20170310130001j:plain

住みたい街ランキング1位を獲得する池袋。やはり山手線圏内の中でも比較的家賃が高額になっています。

2017年3月4日時点で、ワンルームで8.06万円、1Kで8.94万円、1DKで11.30万円、2Kで10.82万円、2DKで14.18万円です。1人あるいは2人で暮らすのであれば払えない額ではないのではないでしょうか。

ただしファミリーサイズになってくると2LDKで22.48万円、3LDKで29.99万円と高額になります。そのため、一人暮らしやルームシェアをする方に池袋はオススメです!

 

fudosan.trovit.jp

 

まだまだ発展していく池袋

f:id:Trovitblog:20170310143055j:plain

2015年に池袋は政府によって、都市の国際競争力を高める地域として指定される「特定都市再生緊急整備地域」に選ばれました。

これによってさまざまなプロジェクトが立ち上げられていますが、中でも注目されているのが「8つの劇場が生み出す圧倒的なにぎわい、国際アート・カルチャー都市のシンボルプロジェクト」です。

現在、東池袋1丁目に位置する旧庁舎跡地を利用して再開発事業が進められています。この旧庁舎エリアにはアニメファンの聖地でもる「アニメイト池袋本店」が存在しており、「乙女ロード」と呼ばれる、アニメや漫画などの作品を取り扱う店舗が集結するエリアもあります。再開発が進むことで池袋はさらにアニメを含めた魅力的な文化のにぎわい拠点となることが期待されています。

池袋は大学生の下宿先としてもおすすめ

f:id:Trovitblog:20170310143145j:plain

東京首都圏内には数多くの大学が存在しますが、池袋のある豊島区内だけでも学習院大学、女子栄養大学、大正大学、帝京平成大学、東京音楽大学、立教大学、川村学園女子大学と7つの大学が存在します。

もちろん区外へも池袋駅はアクセスが抜群なので、池袋で下宿して通学するという方法もおすすめです。

おわりに

何でも手に入る、どこへも行けるといった便利な街「池袋」。それに加え、アニメや漫画を含めた日本のサブカルチャーの中心拠点でもあり、とても魅力的なエリアです。

マンションの家賃は周辺エリアに比べると高額ですが、その分アフター5や休日にお出かけが楽しく利便性が高いため、引っ越し先にオススメですよ!

住みたい街1位の池袋で、プライベートを充実させて楽しい暮らしをしてみませんか。

 

<参考情報>

www.homes.co.jp

www.homes.co.jp

www.homes.co.jp

 

豊島区公式ホームページ

住民基本台帳による年齢別人口|豊島区公式ホームページ

大学のあるまち|豊島区公式ホームページ