読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trovitブログ

世界最大級の不動産、求人、車のクラシファイド検索エンジンTrovit(トロビット)が運用するブログです

ツツジと海岸線が広がる宮城県本吉町の転職情報

求人

宮城県の北東部に位置し、太平洋にも面している本吉は2009年に気仙沼市に編入された町です。町内にはツツジの群生地や人気の牧場モーランド本吉、海岸線には南三陸金華山国定公園に指定されていたエリアがあります。今回は、山林が多く、海と山に囲まれた町、本吉町の特徴と転職情報をご紹介します。

フカヒレなどの水産加工で有名な気仙沼市に含まれる本吉町

f:id:Trovitblog:20170210102825j:plain

本吉町が編入した気仙沼市は、マグロなどの水揚げ地としても知られていますが、特産品として全国的に有名なのがフカヒレです。そのため、漁業関連会社や水産加工会社も多く存在します。

転職先としては、株式会社阿部長商店や福寿水産株式会社が水産加工員(社員・正社員)を募集しています。その他にも水産関連会社はさまざまな企業が随時求人情報を出しているため、転職先を探すのに苦労することはなさそうです。(2017年2月1日時点)

本吉町に絞ると、介護職や土木関係の施行管理担当者の求人が見られますが募集自体は多くはありません。そのため、気仙沼市全体に範囲を広げて転職先を探すことをおすすめします。

気仙沼市の平均所得と宮城県の最低時給は?

本吉町が編入された気仙沼市の平均所得は約183万円(平成24年度統計資料参照)です。また平成28年10月5日から、宮城県では最低賃金時間額を748円としています。それ以前と比較すると、18円の値上がりとなっているため今後も引き上げられることも予想されるため、転職時の参考にチェックしておくとよいでしょう。

kyujin.trovit.jp


海水浴場に牧場・公園と自然いっぱいの本吉町

f:id:Trovitblog:20170210103146j:plain

太平洋に面している本吉町は、夏には海水浴場で海のレジャーを楽しむことができます。また、おいしい牛乳やアイスが食べられるモーランド本吉では、動物とのふれあいやバター作り体験、バーベキューなどができ、デートやファミリーでのお出かけにもピッタリです。

海岸に広がっていた南三陸金華山国定公園は、現在2011年3月11日に発生した東日本大震災からの復興に貢献する目的で、平成25年5月に三陸復興国立公園に編入されました。公園に指定されたエリアの地形や自然はもちろん、防災教育の一貫としての側面も持ち合わせているため、全国から視察に訪れる人もいる国立公園となっています。

本吉町〜気仙沼市の学校情報

f:id:Trovitblog:20170120135902j:plain

本吉町にあった町立小中学校はすべて気仙沼市立になっています。宮城県本吉響高等学校は今も本吉町内にあり、さまざまな進路選択ができるよう総合学科が設けられており、日々高校生たちが勉学に励んでいます。

気仙沼市にまで範囲を広げると、高校は他に3つの県立校と私立校が1校あるため、選択の幅は広く、東北福祉情報専門学校も市内にあるなど、教育施設も充実しているといえそうです。

また、気仙沼市の中学校3校は文部科学省の学力向上フロンティアスクールとして指定を受けており、高い教育を受けたいと望む保護者やお子さまにとってよい環境が整っています。

おわりに

本吉町自体は、気仙沼市に編入となり地方自治体としての機能は失っていますが、町の名前や観光スポット、仕事先などは今も残っています。自然豊かな本吉町で気仙沼市の充実した教育も受けることができるため、子育てにもおすすめのエリア。転職先の候補として検討してみてはいかがでしょうか。

 

<参考>

気仙沼市役所公式ページ

http://www.kesennuma.miyagi.jp

厚生労働省|地域別最低賃金の全国一覧 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/