読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trovitブログ

世界最大級の不動産、求人、車のクラシファイド検索エンジンTrovit(トロビット)が運用するブログです

宮崎県内で唯一の温泉がある街、えびの市で新たなスタートを

不動産

宮崎県の南西部にあるえびの市は、熊本県、鹿児島県の県境に位置する市です。

お米が有名なえびの市では、冬は山を、春は田んぼを守る神様「田の神」を信仰する習わしがあり、豊作を願った行事もあります。約150体の田の神像が市内に残っています。

えびの高原や韓国岳など多くの山があるほか、県内に唯一の温泉もある心身ともに癒される街です。

そんなえびの市の暮らしやすさと、マンションの賃貸相場をご紹介します。

 

 

■宮崎県えびの市とは

 

えびの市は、飯野町と賀久藤町、真幸町が昭和41年に合併して「えびの町」が誕生し、昭和45年に「えびの市」に制定されました。総人口は1万9,190人で、世帯数は8,577世帯です(2016年9月1日時点)。鉄道はJR九州が走り、最寄りの空港は鹿児島空港になります。

日本で最初に国立公園に指定された霧島屋久国立公園の北には、標高1,200mの「えびの高原」があります。「ノカイドウ」という、世界中でこの地に唯一開花する植物があることも魅力の一つです。

えびの市は移住・定住サポートも行っており、支援センターが開設されています。田舎暮らしをしてみたい人に向けて、移住体験ツアーも実施するなど、積極的に外からの受け入れを行っています。

 

f:id:Trovitblog:20161012151204j:plain

 ※えびの盆地にかかる雲海と、霧島山

■マンションの賃貸相場は安め?!

 

えびの市にあるマンションの賃貸相場は、1LDKで約4万円です。3DKの広さで約5万円の物件もあり、4人ほどが暮らせる広さの間取りです。大都市で、この価格帯で借りられるのはかなり安いと言えそうです。駐車場は、月に約1万円で利用できるところが多くあります。

 

fudosan.trovit.jp

■「住みよいまちづくり」を目指す都市計画

 

えびの市は平成38年度の実現を目標として、都市計画を立てています。テーマは「豊かな自然と産業を活かした住みよいまちづくり」です。もともとは、飯野町、賀久藤町、真幸町の3町が合併してできた都市のため、全てのエリアの制度を均等にすることが優先されました。

 

今後は市の東部に福祉、中部に行政、西部に観光など、それぞれの地域に役割をもたせ、業務をスムーズに行えるよう分担していく方針です。

 

 

■宮崎県えびの市にある学校・病院

 

えびの市の市立小・中学校は1クラスにつき30人以内の学級で構成されている、少人数制を完全導入しています。市立小学校は5校、市立中学校は4校あります。

高校は、中退していても以前取得した単位を移行できるという珍しい制度を設けている、私立日章学園九州国際高等学校の他、公立の飯野高等学校があります。

 

市内で一番規模の大きいえびの市立病院は、病床が50床あり、4人の医師と20人以上の看護師が勤務しています。えびの市全体では、医院や薬局を含めた医療機関は約45院あります。

 

 

■おわりに

 

「えびの産 ひのひかり」というお米が有名で緑豊かなえびの市は、親にとって安心して子育てができる街だといえます。移住希望者に向けては、格安で分譲地を販売するという取り組みも行っています。

宮崎県えびの市は、温暖な気候での暮らしを考えている方におすすめの街といえそうです。

f:id:Trovitblog:20161012151238j:plain

※韓国岳