Trovitブログ

世界最大級の不動産、求人、車のクラシファイド検索エンジンTrovit(トロビット)が運用するブログです

夏のスイカと冬の雪、四季折々の自然が楽しめる街『山形県尾花沢市』

山形県の北東部に位置する尾花沢市は、奥羽山脈と出羽丘陵に囲まれた盆地で、市の西側には最上川が流れています。寒暖の差が激しいことを活かして作られる夏スイカや尾花沢牛などが名産品として挙げられます。

また、市内には銀山温泉という温泉地があり、観光客も多く訪れるエリアです。山形県尾花沢市の賃貸アパートは、2DKのファミリー向け物件を中心に、比較的リーズナブルな物件が揃うため、住みやすい地域だと言えそうです。

 

 

■山形県尾花沢市とは

 

東北を代表する夏祭り「花笠おどり」の発祥地としても知られる尾花沢市は、市の面積の大半を森林が占める、自然豊かな街です。羽州(うしゅう)街道の宿場町として栄えた歴史をもち、多くの史跡が残っているエリアです。

飛騨の高山、越後の上越と並び、日本三雪にも数えられる降雪量の多い地域でもあり、冬はウィンタースポーツを楽しむこともできます。また、主な観光地として、市内には銀山温泉があります。

ガス燈に照らされた幻想的な風景は、大正時代の面影をいまなお残しており、年間を通して多くの人でにぎわいます。

 

名産として知られるのは尾花沢スイカです。糖度12度という高い甘みと独特のシャリっとした食感が特徴です。交通に関しては、市内には山形新幹線が通っており、平成26年の東北中央自動車道尾花沢IC開通により、さらに便利になりました。

 

f:id:Trovitblog:20161007104632j:plain

 ※銀山温泉

■尾花沢市の賃貸相場や都市開発状況

 

・山形県尾花沢市のアパートの賃貸相場

山形県尾花沢市のアパートや賃貸物件の相場は、平均で4.7万円ほどで、隣接する村山市や東根市に比べると1万円~5千円ほど低くなっています。ファミリー向けの2DKは管理費込みで5万円台、シングル向けの1Kでは4万円弱で物件を見つけることができます。ただし、街の規模が小さめで、市街地がコンパクトにまとまっているため、物件の数は限られているようです。

 

尾花沢市では特定公共賃貸物件という、市が貸出する賃貸物件もあり、こちらは2LDKで43,900円から59,400円です。別で共益費が必要となります。また、空き家活用事業にも力を入れており、市の定住推進課に問い合わせれば、市内の空き家を紹介してくれる制度もあります。

 

fudosan.trovit.jp

・山形県尾花沢市の都市開発状況

尾花沢市では「土地利用マスタープラン」において、今後の都市開発の基本方針を示しています。自然環境を保全しつつ、快適な中心市街地の形成により、暮らしやすい街づくりを目指しています。

 

 

■尾花沢市の学校や病院の情報

 

・尾花沢市にある学校

尾花沢市には小学校7校、中学校3校と山形県立北村山高等学校があります。子育てサポートにも力をいれており、保育園の待機児童は0人で、2人目から保育料が免除されます。また、0歳から中学校3年生までは医療費が無料です。

 

・尾花沢市の病院

尾花沢市には、内科・外科・胃腸科・消化器科を備えた尾花沢中央診療所があり、地域の医療を支えています。その他、心療内科や精神科がある尾花沢病院をはじめ、地域密着の医療を支えているクリニックが様々な場所に点在しています。

 

 

■おわりに

 

豊かな自然と歴史を感じられる尾花沢市では、市内への移住者サポートにも力を入れています。

市外から転入して1年以内の世帯が、民間アパートや空き家に入居した場合、家賃の一部を助成する制度もあるので、移住するにはオススメのエリアです。

 

f:id:Trovitblog:20161007104729j:plain

※芭蕉・清風歴史資料館